活動日記

2021/06/02

県の大規模接種開始!

昨日から65歳以上の高齢者を対象とした県の大規模ワクチン接種が北浦和の会場で始まりました。昨日だけで499人の接種が順調に進み、7月31日までに約2万1千人の接種完了を目標としています。一方、地元白岡市・宮代町でも高齢者の接種が順調に進み、7月中には完了し次の段階に入ります。今回、県のワクチン接種を受けた場合、市・町の接種はワクチンの種類が違いますので接種出来ません。また、ネットでの申し込みだけですので、高齢者でネットが出来ない人もいますので家族のサポートが必要です。いずれにしても、ワクチン接種の加速が感染抑制の為に重要です。

さて、ユニクロの製品を米国がボイコットしています。それは、ユニクロの製品の原料が中国新疆地区のウイグル人の強制収容所で作られたものが使用されているからです。現在、世界のファッション企業が「新疆綿花ボイコット」をしていますが、ユニクロの対応が遅い為に、EU諸国もユニクロ製品の締め出しが始まっています。米国バイデン大統領は「新疆ウイグル自治区の人権問題で中国を非難し、企業にも対応を求めた」との事ですので、ユニクロだけでなくウイグル人の強制労働によってつくられて原材料を使用している日本企業の対応が求められています。同時に中国のウイグル人やチベット人などに対する人権弾圧問題への対応が鈍い日本政府にも批判が集まって来ています。日本政府は、もう少し「ジェノサイド」などの人権問題に目を向けないと世界から取り残されてしまいます。

6月1日(火)の埼玉県の感染状況:①新規感染者数は114人(31日:67人) ②重症者44人(一昨日:44人)③自宅療養者数460人(一昨日:454人) ④入院患者の病床使用率35.7%、入院者数587人(一昨日:37.6%) ⑤重症者病床使用率27.0%(一昨日:27.2%) ⑥死者3人(合計787人)です。また、陽性率は3.2%(一昨日:3.7%)と3%台から減少していません。新規感染者数も100人台に戻っています。全体的に感染者数は減少気味ですが”インド型変異株”が発見されていますので油断はできません。昨日から、県の大規模ワクチン接種会場が北浦和合同庁舎で始まりましたので、新規感染者数が減少する事を期待したいですね。引き続き、各自で気を緩めず①不要不急の外出自粛②マスク着用③手の消毒④密を避ける事⑤こまめに換気を行うを徹底する事 この4点に気を付けて、今日も感染防止に努めていきましょう!

  • Facebookページへ
  • Twitterへ