活動日記

2020/11/30

重症者増加!

昨日もテレビを見ていると、全国的に新型コロナウイルス感染症の”重症者“が増加して医療体制が大変逼迫していると報道されています。埼玉県も昨日の新規感染者は139人と増えていて、入院患者は624人(11月1日:252人)、重症者は30人(11月1日:10人)と増加の一途をたどり、県内の医療現場は大変な状況になっています。また、昨日現在の県内のコロナ患者の病床使用率が61.5%、重症患者の病床使用率28.6%と上昇しています。特に、重症者のECMO(人工心肺装置)をつける重症患者が増えていて、その装置が操作できる看護師の数が少ない為に現場の負担が大変増加しています。今は、新規感染冠者を増やさない事、そして重症者を増やさない事の両方をしなければならない状態だと思います。このままですと、間違いなく”医療崩壊“が起きる危機的状況です。そこで、政府は、GoToトラベル・イートを中途半端な事をしないで、一旦中止して感染拡大を防止する事を最優先に考えるべきです。そして、オリンピックに2000億円の追加予算の措置をするようですが、この予算は医療現場に振り向けるべきです。更に、国の予備費が約7兆円残っていますので、飲食業や旅行業そしてひとり親世帯などの支援に振り向けるべきだと考えます。埼玉県では、GOTOイートの中止、介護施設などに感染専門の県職員を派遣して感染防止策の実施、更には、飲食業の時間制限などの措置をして感染拡大を防止しています。改めて、政府がGoToトラベルの中止や飲食業、病院の経営支援、更には生活困窮者への生活支援を行うべきだと訴えていきます。

ところで、今日から12月18日まで埼玉県議会が開会されますが、感染拡大防止とコロナ対策の補正予算を急いで審議しなければならないと思っています。県民の皆さんが、年末年始を安心して生活できるよう議会でも頑張っていきます。

  • Facebookページへ
  • Twitterへ